シルバーアクセサリー☆作り方

シルバーアクセサリーの作り方

HOME>シルバーアクセサリーの作り方

スポンサードリンク


シルバーアクセサリーの3種類の作り方

シルバーアクセサリーの作り方を調べて行くと、大きく分けて3種類ある事がわかりました。
そのシルバーアクセサリーの作り方3種類とは、『彫金』という作り方と、『ロストワックス』と
いう作り方と、『シルバークレイ』(銀粘土)という作り方の3種類の作り方でした。

それでは、それぞれのシルバーアクセサリーの作り方を、1つ1つわかりやすい様に
説明して行きますね。

彫金

まず1つ目のシルバーアクセサリーの作り方は彫金です。

彫金とは、簡単にいえば銀の地金(棒状、板状、パイプ状、ワイヤー状など)を様々な工具を使って、叩いたり、切ったり、彫ったりという
加工をして作る、シルバーアクセサリーの作り方です。

硬い地金を材料として利用するので、作業の難易度が高いシルバーアクセサリの作り方であって、初心者では取り組みにくい点も多いです。

地金を熱したり、叩いたりとするので、しっかりとした工具と場所が必要になります。
ですが、彫金は地金を使用するので、シルバーアクセサリー作りの全ての工程を自分で仕上げられますし、地金は硬いので
折れたり割れたりというトラブルも少ないというメリットもあります。

そして、基礎をマスターできれば硬い金属を自由に扱える様になる、といった素晴らしいメリットもあります。

さらに、彫金でしかできないようなテクニックも多数あります。

ロストワックス

2つめのシルバーアクセサリーの作り方は、ロストワックスです。

ロストワックス(以下ワックス)とは、ワックスと呼ばれる蝋を使って、切ったり、削ったりという作業をしてアクセサリの原型を作っていき、
その原型から型をとり、その型に溶けた金属を流し込んで鋳造をして作る、というシルバーアクセサリーの作り方です。

ワックスは彫金の地金に比べると極端に柔らかく、無理な力を入れなくても自分の思い通りの形に加工する事ができて、
金属では出しにくいボリューム感や流れるような曲線のライン、様々なテクスチャー(表面処理)も表現できます。
なので、そういった形のアクセサリーが作りたい場合は、とてもオススメな作り方である、と思います。

ワックスには色々な種類があり、チューブ状の物やブロック状の物、シート状の物、ワイヤー状の物等があります。
これらは作りたいアクセサリーのデザインに応じて選んでいくといいと思います。

そして硬さも何種類かあり、ブルー、グリーン、パープル等の色で分けられていて、硬い物はハードワックス、
柔らかい物はソフトワックスと呼ばれています。

一般的にワックスによる作り方では、鋳造する為に専門の業者等にキャスト(鋳造)の発注をしなければならないので、
全ての作業を自分で仕上げる事はできません。

ワックスは型をとって鋳造するため、1つのアクセサリーを量産する事ができ、その為販売に向いています。
今現在、シルバーアクセサリーの作り方で最も主流なのが、このロストワックスによる製法でもあります。

シルバークレイ(銀粘土)

3つめのシルバーアクセサリーの作り方はシルバークレイ(銀粘土)です。

シルバークレイとは、銀粘土という素材を使って造形して作る、シルバーアクセサリーの作り方です。

銀粘土とは、純銀の微粉末と水分とバインダーという結合材の3種類が混ざり合った水性の粘土でして、普通の粘土の様に造形できて、
自由に形作れます。それを乾燥させて焼くと、銀の微粉末が焼結して99,9%の純銀になるのです。
なので、完成したアクセサリーも99.9%純銀です。

銀粘土を造形していると、粘土が乾いてきてひびがはいってしまうと言った事もありますが、そういった場合には水を足してあげると
すぐに修正できますし、ある程度なら練り直しができるので、失敗を気にせず色々な造形を楽しみながら、アクセサリーが作れます。

粘土の種類は、粘土タイプ、ペーストタイプ、ペーパータイプ、シリンジタイプといった種類があるので、使いたい用途や
作りたいアクセサリーの形に合わせて、選択していくといいと思います。

銀粘土は粘土なので、本当に造形がしやすく、削ったりするのも楽チンです。
ですが柔らかいので、彫金、ワックスに比べると折れたり割れたりといったトラブルにあいやすい作り方です。

あと、銀粘土は焼く際に収縮してしまい、実際の出来上がりのシルバーアクセサリーの大きさが若干小さくなります。
ペンダントやピアスならよいのですが、リングは収縮によってサイズが何号か縮んでしまうのです。
なのでリングを作る時には、焼く前に何号か大きく作っておく、という注意が必要です。

作業は手軽にできて、作品を焼くのもガスコンロ等でオーケーなので、自宅で全て自分の力でアクセサリー作りの工程を終える事ができ、
とりあえず作ってみたい方にはとてもおススメなシルバーアクセサリーの作り方であるといえるでしょう。

まとめ

以上でシルバーアクセサリの作り方3種類の説明は終わりです。
彫金による作り方、ワックスによる作り方、シルバークレイによる作り方。どの作り方も一長一短ありますよね。

3種類のシルバーアクセサリーの作り方を説明してきましたが、実際に僕自身が取り組んでいて、このサイトで詳しく工程を紹介している
シルバーアクセサリーの作り方は、シルバークレイの作り方によるものです。

3種類の作り方から、何故シルバークレイを選んだか?といいますと、シルバーアクセサリー作りをしたいと思ったときに手軽にできる所ですね!
粘土いじりの要領で気軽に造形を楽しみながら、自宅でアクセサリー作りができる。
本当に手軽にできる、シルバーアクセサリーの作り方だと思います。

焼成方法も手軽で、工具も日用品で代用できたりするので、本当に初心者の方にはおススメな作り方ですよ。
手軽にシルバーアクセサリーを作ってみたいなら、シルバークレイによる作り方にチャレンジしてみたらいかがでしょうか。

本格的にシルバーアクセサリーを作りたい!という方は、彫金とワックスによる作り方を学んだ方がよいと思います。
実際僕もこれらのシルバーアクセサリーの作り方を本格的に学びたいと思っています。

本格的に学べば、今よりも確実にシルバーアクセサリー作りの技術も上達すると思いますし、なにより、
他の2つのシルバーアクセサリーの作り方をやってみたいんです。楽しそうだなぁと(笑) 特にワックスによる作り方をやってみたいですね。

と、自分では考えていたりしますが、とりあえずシルバーアクセサリを作ってみたいなぁ、手軽にできる作り方はないかなぁ?と
言った方にオススメな作り方は、シルバークレイだと思います。

『シルバーリングを作ってみよう!』と『シルバーペンダントを作ってみよう!』で、それぞれシルバークレイによるアクセサリーの作り方を
紹介していますので、是非、ご覧くださいね♪

どんな作り方なのか、少しでもご理解いただけたら、嬉しく思います。


スポンサードリンク


Copy Right (C) 2005 ctckk.com All Rights Reserved 手作りアクセサリーパラダイス